二日酔いを対処するには?→即効性バツグンの方法をご覧ください!!

頭痛や吐き気に悩まされる

二日酔いを経験したことがある方は多いと思います。

お酒を大量に摂取したことで、翌日になっても頭痛や吐き気などの不快症状が残ることをいい、とてもツライですよね…。

原因ですが、アルコールの飲み過ぎによる脱水状態や体内で過剰に発生したアセトアルデヒドの作用、胃の炎症などが主に考えられています。

今回はそんな二日酔いでお悩みの方に、二日酔いの予防から撃退法まで紹介したいと思います!

二日酔いに効く食べ物や飲み物

※ヨーグルト

ヨーグルトは、一般的には、栄養補給のためとか、便秘解消、胃腸の健康のために、多くの人が食べています。

スーパーやコンビニでも手軽に手に入り、カップからそのまま、あるいは、適量を出してすぐに、またドリンクタイプのものもあり、簡単に口に入れることが出来ます。

そのヨーグルトが、悪酔い、二日酔いにも効果があることがわかり、その対策として利用されています。

ヨーグルトには、タンパク質が豊富に含まれ、そのタンパク質は、肝臓機能を維持する為に重要な栄養分と見られています。

代謝機能以上にアルコールを飲むと、タンパク質が不足し、悪酔い、二日酔いなどに繋がるのですが、ヨーグルトを飲むことにより、足りなくなったタンパク質を補給できて、肝機能を活発にするのです。

基本的には、お酒を飲む前にヨーグルトを食べておくと、脂肪の膜が胃の粘膜にはりつき、アルコールの吸収が、穏やかになるという訳です。

※コーヒー

二日酔いの要因である「アセトアルデヒド」を分解させて、体外に排出することで、頭痛などは治まるのですが、それに大きな力を発揮してくれるのが、コーヒーなのです。

コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒や興奮などの作用がありますが、その作用が「アセトアルデヒド」で拡張された血管を、収縮するということです。

外側に拡張された血管が収縮し、痛みが治まるという訳です。

また、コーヒーには、利尿作用があることも有名で、毒素の強い「アセトアルデヒド」を体外に早く出すことは、二日酔いを早く治すことに繋がります。

二日酔いの時には、頭痛以外にも、胃腸が弱ったり、下痢や吐き気を起こしたりします。

胃腸の弱ったりしているところに、刺激の強いコーヒーを飲むことは、注意しなければなりません。

さらに効き目のある即効対処法については次ページから!!





コメントを残す