金縛りの原因は霊的なものではなく睡眠麻痺だった!?だとすれば対策はこうだ!


寝ていると、突然身体が動かない…。誰もが恐怖を感じる金縛り。「霊がいるのでは…?」と思ってしまいますが、金縛りの原因は他にあるのです。

金縛りや耳鳴りの原因は霊ではなく睡眠麻痺?

 実は、金縛りは霊の仕業によるものではありません。金縛りの原因は「睡眠麻痺」です。睡眠麻痺とは寝ている時に起こる身体現象。人は寝ている間に、レム催眠とノンレム催眠を繰り返しています。

 金縛りが起こるのはレム催眠の時。レム催眠の時は、身体は寝ていても脳は活発に動いています。夢を見るのはそのせいです。この時に心拍や呼吸が乱れ、胸に圧迫感を感じると脳は「怖い幻覚」を作り上げ、その状態のつじつま合わせをします。

 これが金縛りの正体です。そもそも、レム催眠時は身体が動かないようになっているので、自ずと金縛り状態になっているのです。そして、この睡眠麻痺になるのにも原因が。

 それは、睡眠の低下とストレスや疲労、身体的、精神的の不調が金縛りの大元だったのです。金縛りの時に耳鳴りが聞こえるということも、ストレスや疲労が原因。金縛りの時の耳鳴りはいわゆる幻聴で、怖い音ではなく周りの音や声であることが大半です。

金縛りと夢

 夢占いに置いて金縛りの夢を見るのは、現実に置いて精神的、肉体的な疲労を現わしているとされています。金縛りにあう夢は、自分一人の努力や行動では解決が難しい問題やトラブルに巻き込まれていることを暗示しているといいます。

 焦らずにできることをコツコツとやりなさいと、夢が教えてくれているのかもしれません。また金縛りの夢を何度も見るのは、精神的に追いつめられているせいであるとされています。

 そのうち体調面にも影響が出るかもしれないので、ゆっくり休むことがおススメです。また金縛りが解ける夢は、事態が好転することを示しているそうです。

 霊のせいではないとはいえ、金縛りは苦痛です。「金縛りに合ったらお経を…」と聞きますが、効果はありません。金縛りを解く方法を、次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す