静電気の防止方法はこれだ!90%以上の人がパチッと痛い静電気から逃れた方法!!


静電気のパチッにいつも悩まされる人、大丈夫な人の違いって?

何かに触れると、パチっと静電気で悩まされることが多い人と滅多にあわない人っていますよね? どうして違いがでるのか?生まれ持った体質か何かが影響しているのでしょうか?

実はちょっとした静電気の知識を知るだけで、誰もが静電気を上手に逃がしてパチッにあうことがない生活を手に入れることができるのです。

たまった静電気をパチっとせずに放電する方法

まずは、知らず知らずのうちに静電気がたまってしまった状態で、車のドアや玄関のドア、エレベーターのボタンや、スーパーのレジでの受け渡しなどでパチッにならない方法から、ご説明しましょう。

コツは、電気を素早く通す物質(伝導体)をさわる前に、静電気をゆっくり通す物質でできたものをさわることです。

静電気を通しすぎるもの、それは「金属」でできたものです。ですので、あ、これ金属だなと思ったら、それに触れる前に、「木、紙、コンクリ、レンガ」こうした物でできたものに一寸さわって、電気を逃してから金属でできたものをさわる

これでパチッはなくなります。

ちなみに「プラスチック、ガラス、ゴム」でできたものは完全に電気を通しませんのでさわっても静電気は逃がせませんので注意しましょう。

衣類の静電気を防ぐ方法は次のページからご覧ください!!





コメントを残す