セーター・ニット類の毛玉の取り方!予防法をしっかり覚えて対策しましょう!!※画像あり

お気に入りの服を長持ちさせたいですよね。

そんな時に見つける毛玉。

出来てしまった毛玉を、何とか取り除きたいと、色々トライをしてみるのですが・・

誰にでも簡単に毛玉を取り除く方法はあるのでしょうか?

今回はどうして毛玉ができるのか?

毛玉を防止する為に必要な事とは何かを紹介していきます!!

素材

毛玉ができやすい素材と、できにくい素材を紹介します。

では、どんな繊維ができやすいのでしょうか。

ニット素材といえばウール、アクリル、それらの混紡が多くなります。

ウールとアクリルは、どちらの方が取り扱いしやすいのでしょうか?

『ウール』

暖かいし、着心地もいいウールですが、やはり毛玉はできやすいです。

しかし、ウールにできた毛玉は、自然に脱落していきます。

びっしりと大量に発生する事は少ないでしょう。

『アクリル』

低価格で、扱いやすいアクリル、とても毛玉ができやすいです。

さらに、強い繊維なので、毛玉が自然に脱落しません。

放っておくと毛玉が大量発生します。

ちなみに、高価なニットなら毛玉もできない?と思う人も多いでしょう。

これは、関係あるともいえますし、関係ないともいえます。

例として、ブランドのニット購入金額は2万~3万くらいで、ざっくり編んである、アクリル100%のニットです。

実物のニットはこちら。

いかかでしょうか。

残念なくらいに毛玉が出来ています。

このように、販売価格と品質(今回の場合は毛玉の発生)は比例しません。

高いニットを購入するときは事前に細かくチェックしたほうがいいですね。

それでは、他の素材で探すのはいかがでしょうか。

ウール、アクリル以外の素材で探すのも一つです。

多く出回っているのはコットンニット(綿)です。

このニットはコットン100%です。

外見からしか判断できませんが、比較的毛玉はできにくそうです。

また、コットンでしたらウールなどに比べて、洗濯もしやすく、型崩れも起きにくいです。

予防法と簡単な取り方については次ページから!!





コメントを残す