今話題の「糖質制限ダイエット」の落とし穴!?医師がお勧めする食べても良いメニューとは

自宅でできるダイエットとして今低糖質ダイエットが話題

ダイエットといえば、今までもたくさんのダイエット方法がメディアで取り上げられ

その都度女性の間で話題となっていきましたよね。

そんな中、今自宅でできるダイエットとして低糖質ダイエットが話題を呼んでいるのをご存じですか?

自宅で作る食事メニューの食材を工夫して摂取する糖質の量を減らして体重を落とすダイエット法です。

よく糖質を摂ると太りやすい。という話を耳にします。

これは糖質を摂取することで血糖が急激に上昇しインスリンが分泌されます。

インスリンが多く分泌されると糖質が中性脂肪に変化しやすくなるし、脂肪を消費しにくくなり太りやすくなるんです。

そのため糖質を多く含む炭水化物はしばしばダイエット中には控えたほうがいいと言われることが多くなってきました。

そこでそんな理由から太りやすいといわれる糖質を逆に摂取する量をコントロールすれば痩せられるのではないかと

考えられはじめ低糖質ダイエットが話題になりはじめたんです。

低糖質ダイエットには思わぬ落とし穴が!摂取する食品に注意が必要

そんな話題の低糖質ダイエットですが、糖質を控えれば痩せるからといって過剰に糖質の高い炭水化物を抜きすぎてしまうのは

危険です。私たちの体はエネルギーを生成するためにある程度の炭水化物を必要としています。

そのため抜きすぎてしまえば体調不良を起こしてしまうだけでなくうつ病も発症してしまうおそれがあります。

糖質を制限する場合にはバランスの良い食品の摂取で上手に糖質の量を制限し、できれば筋肉トレーニングも

いっしょにおこなうことでうまくコントールすることが大切です。

では食べても良い食材とは一体何なのでしょうか?

次のページでご覧下さい!





コメントを残す