ニンニクを食べた後の臭い消し!即効で消し翌日に残さない方法5選!!

さっそくですが、美味しい料理といったらみなさん何を思い浮かべますか?

様々な料理が思い浮かぶと思いますが、大抵の美味しい料理には調味料としてニンニクが使用されています。

ニンニクは味のアクセントにはうってつけの食材ですから、様々な料理で活用されていますよね。

また、にんにくは古くから知られる健康・美容に良い万能ともいえる食材ですが、食べたあとの口臭と、その後体臭にニンニクの臭いが翌日まで残ってしまうから… とにんにく料理を控えてしまっている人いますよね。

まずにんにくには2種類の臭いがあります。

「にんにくを食べた直後に発生する臭い」「にんにくを食べてから1~2時間後からの臭い」です。

食べた直後の臭いは数時間もすれば消えるのに対して、食べてから1~2時間後の臭いはなかなか消えません。

翌日に臭いを残さないためにもしっかりとした対策が必要になります。

ニンニクの有効成分が臭いの元になっていますので100%臭いを除去することはできませんが、ご紹介する方法でかなり臭いを減らすことができますので、是非一度検討してみてくださいね。

ニンニクの臭いの原因って?

まず、ニンニクの臭いの原因について押さえておきましょう。

ニンニクの臭いは、ニンニクの滋養強壮・疲労回復の有効成分「アリシン」そのものです。

またにんにくがすり潰されたり、刻まれたりするとアリナーゼと言う酵素が生まれます。

このアリナーゼにアリインが反応すると、アリシンという物質になるのです。

このアリシンが体内に入り、分解されるとアリㇽメチルサルフィドというあの匂いの原因になる成分に変化します。

そして、臭いは(1) 食べたあと口内に残るニンニク臭、(2)体内で吸収されたアリシンが全身を巡って毛穴から発散(主に翌日) (3)体内で吸収されたアリシンが胚にも巡って呼気にニンニク臭(主に翌日)の3つの経路から発散されます。

食べたあとの口臭は、口内を洗うことで対処できますが、(2),(3)の吸収されたアリシンが体や胚から臭ってくるものをなんとか対策してやる必要があるのです。

ちなみに体内に吸収されたアリシンがすべて排出されるまでおよそ3分の2日(16時間)ぐらいはかかるとのお話しです。

気になる方法は次のページからご覧ください!!





コメントを残す