レンジで目玉焼きを上手につくるコツ!ラップの作り方をご紹介!!

目玉焼きを上手につくりたい、でもフライパンでつくるのは面倒!

毎日の食卓に欠かせない鶏卵(たまご)、朝やお昼は目玉焼きにして食べているご家庭も多いと思います。

かくいうわたくしも、1日に1回は目玉焼きを食べている?ぐらいの目玉焼き好きです。

この目玉焼き、フライパンで焼くときの加減が結構難しいんですよね?

白身をしっとり、黄身の部分はとろとろ半熟に!がわたくしの理想なのですが、数回に1回ぐらいしか満足にできません。

ところが電子レンジを使うと、簡単においしい目玉焼きがつくれてしまうのです。ご紹介いたしましょう。

電子レンジでおいしい目玉焼きを作る方法

電子レンジで卵を普通にチンすると破裂してしまうのでは? その通りです。

破裂させずにおいしい目玉焼きを作る方法は以下の通りです。

1.平らな耐熱容器に水を張った上に、卵を割って静かにのせる

2.黄身の部分に爪楊枝で数か所プスプス穴をあける

3.ラップをかける

4.500Wで3分間チンする

詳しい内容は次のページからご覧ください!!





コメントを残す