香水の効果的な付け方|これだけ知っておけばいい香りでモテモテに!!

海外ほどではありませんが日本でも香水をつけるのが日常化していますよね。

しかし、つけすぎたり、場所にふさわしくない付け方するとどうしても印象が悪くなってしまいます。

そんな悲惨なことにならないために、これだけ知っておけば大丈夫な香水の効果的な付け方をまとめてみました。

香水の種類と付け方について

香水の種類の分け方は、本場フランスでもひとつに統一されているわけではありませんが、強さの順に「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」と4種類ぐらいに分類するのが一般出来です。

このうち普段使いに向いているのは下3つ、オードパルファムはお値段も手頃で種類も多く人気です。濃度が10~15%でつけると5時間以上強い香りが続きますので、線を描くように数滴垂らして軽く伸ばすようにつけます。

オードトワレはほんのり香るのがポイント、オフィスで使ってもそれほど違和感はありません。

オーデコロンは濃度5%未満ですので、おうちでお風呂上がりなどにたっぷりつけるのにむいています。つけてから1時間程度で香りはぬけます。

香水お薦めの付け方とNGな付け方

ではいよいよ、これだけ知っておけば大丈夫、香水の効果的な付け方です。

※効果的な香水の付け方

・香りの効果を発揮させたい時間の30分から1時間前につける

・付ける前には肌を保湿する

・服にではなく、肌につける

・上半身につけると香りは強くなり、下半身につけるとソフト

※NGな香水の付け方

・脇の下につける

・足のうらにつける

それぞれの詳しいポイントについては次のページからご覧ください!!





コメントを残す