夏の涼しい場所といえば?→関東 ・関西の穴場避暑地14選!!


夏本番。

うだるような暑さが続いていますね…

そんな暑さ、心も体も清涼感で満ち溢れさせてくれるのが「避暑地」

今回はそんな避暑地の定番から穴場まで徹底的にご紹介したいと思います!!

その近辺の、おすすめスポットやグルメも紹介しますので足を運んだ際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

それでは早速、関東の定番スポットからいきたいと思います。

関東

※東京都世田谷区・等々力渓谷

何より都心からすぐにアクセスできる点が魅力。

東急大井町線「等々力駅」を降りて、住宅街をちょっと入ったところにあります。

見て頂ければ、東京にもこんな所があるんだと思っていただけるはずです。

「OTTO」というイタリアンレストランもあるので立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

※東京都多摩市・奥多摩

こちらも東京都内にある避暑地。

「払沢の滝」は東京で唯一「日本の滝100選」に選ばれています。

滝までは少し歩くので歩きやすい靴で行くといいかもしれません。

※栃木県那須郡・那須高原

都心から日帰りで行くこともでき大自然の中に動物園や遊園地、ミュージアムなどが点在していて家族連れやカップルにもおすすめです。

「南が丘牧場」のソフトクリーム是非食べてみて下さい。

※神奈川県箱根町・箱根

箱根といえばまず温泉が思い浮かぶでしょうか。

しかし避暑地としても有名なのです。

芦ノ湖の「逆さ富士」絶景ですよ。

※長野県軽井沢町

関東を代表する避暑地の軽井沢。

白糸の滝や雲場池はマイナスイオンも多く、人気スポットとなっています。

また、アウトレットで買い物をしたり温泉に入ったりと、軽井沢にはたくさんの見どころが点在します。

「松並木通り」は「新日本街路樹100景」にも選ばれている絶景ポイントです。

意外と近い関東の避暑地、一度お出かけに行ってみてはいかがでしょうか。

実際に行った人の声をお聞きください↓↓

次は関西の定番スポットに移っていきます。

関西

※滋賀県・奥びわ湖

琵琶湖には「海津大崎」「マキノ・サンビーチ」などがあり、とても人気です。

温泉もあるので日帰りでの旅行を楽しむ方もいるようです。

※兵庫県・六甲山

標高約880メートルで市内と比べてマイナス5度と暑い夏にホッと出来るスポットですね。

山頂には六甲高山植物園やレストラン、ショップがある「六甲ガーデンテラス」があるので1日遊べます。

マイナス5度の絶景避暑地でゆっくり夏を満喫するのもいいですね。

夜景もおすすめです。

※京都と滋賀の間にある比叡山

比叡山は京都市と滋賀県大津市にまたがる山です。

山頂までは車やロープウェイでも行くことが出来ます。

もちろん景色も最高です。

※京都府の貴船川

すぐ傍で水の流れを感じることができるスポットです。

マイナスイオンの効果もたっぷり。

9月下旬までは「川床」が置かれ、名物の流しそうめん体験ができます。

※奈良県・天川村

名水百選や日本の百名山にも選ばれるている素晴らしい自然に恵まれた場所です。

少し足を伸ばしてこれらの避暑地にお出かけしてみませんか?

こちらも実際に行った人の声をお聞きください↓↓

最後に関東・関西の穴場スポットを紹介します。

正直、これに関しては教えたくなかったんですけどね…(笑)

穴場

※箕面の滝

大阪市内から電車で30分ほどとアクセスが便利な都会のオアシス。

春の新緑、夏は避暑、秋の紅葉と四季を通じて関西人の癒しの場として人気です。

※赤目四十八滝

他にも大阪難波駅から近鉄で約1時間、赤目口駅からバスで約10分の三重県名張市に位置する。

ここはには全長約4キロのハキングコースがあり滝の音、水のせせらぎ、木々の間からこぼれる木漏れ日、マイナスイオンをたっぷり浴びることができます。

※群馬県・草津

草津といえば温泉地というイメージが強くないですか?しかし実際は標高が1200メートル以上もあって夏場はかなり涼しい場所なんです。ゆったりと喧騒を忘れて過ごす関東地域の避暑地の中でも大人の避暑地と言える場所になります。

※栃木県日光市・日光国立公園内にある中禅寺湖

ここは標高が1300メートルの場所にあり、年々夏の避暑地として人気が出てきています。

気温も8月でも20℃を下る日があるという記録もあるようです。

いかがでしたか?

四季折々の変化があり1年を通して楽しむことができる避暑地。

今年の夏、是非お出かけされてみてはいかがでしょうか。





コメントを残す