飲みかけの炭酸飲料を使って掃除するとキッチンのシンクがピカピカになる?

生活をしていると暮らしに役立つ工夫をしたくなりますよね。

特に夏場は食べ物は悪くなりやすくなりますし、お風呂はカビやすくなります。

暑さをエコで乗り切るにはそれなりの工夫が必要です。

そんなとき役に立つのが生活の知恵として役に立つ情報を網羅した『一生モノの知恵袋 すっきり節約編』(主婦の友社)です。

この中から今回は快適でエコな夏を実現するための手軽に試せる裏ワザ5つご紹介させていただきます!

きゅうりは塩水に入れて、薬味は刻んで冷凍庫に保存すると良い?

水分量が多く、身体にこもった熱を排出してくれるきゅうりは、夏の食卓には欠かせない野菜です。

できれば安い時にまとめ買いして割安に手に入れたいところです。

そこできゅうりのシャキシャキ感を長持ちさせる裏ワザをご紹介します!

広口のビンに水を入れて塩ひとつまみを加え、きゅうりを立てて入れておくだけ!

これだけで45日間、みずみずしい歯ごたえになりますよ

また、あさつきやねぎ、三つ葉など常備しておきたい薬味類は根っこの部分を切って保存するのが、おいしさ長持ちのコツです。

もし使い切れない時は、刻んで密閉袋に入れ冷凍しておけば、冷奴やそうめんを食べる時にサッと取り出して使えるので便利です。

飲み物を急いで冷やしたいときは、ぬれ布巾を活用すると良い?

急な来客など、飲み物を大急ぎで冷やしたいときってありますよね。そんなときの裏技をご紹介します!

飲物はぬれ布巾に巻いてから冷蔵庫で冷やした方が気化熱の働気によって冷えるスピードがアップします!

冷蔵庫の場合は20分でキンキンになりますし、冷凍庫なら10分ほどで急冷することが可能です!

もし冷蔵庫がいっぱいで入らなくても大丈夫!

そんな時の裏技として、氷水を入れたタライにぬれ布巾ごと入れて塩をちょっと振れば、塩が氷のとけるスピードを遅くしてキンキンに冷やす事ができますよ

まだまだたくさん!生活で使える裏技は次のページでご覧ください!





コメントを残す