男性からおごってもらった飲み物に爪を入れて変色すれば女性は暴行されるのを防ぐことができる!

性的暴行

ヨーロッパでは、性的暴行をする目的でアルコールなどに混ぜて利用される睡眠導入剤のフルニトラゼパムは、処方箋があれば簡単に買えます。アメリカでは認可されていませんがブラックマーケットでは購入できるので、性的暴行の犯罪の被害が後を絶ちません。

そこでそんな悲しい事件をくい止めるために、ノースカロライナ大学の4人の学生たちがあるものを研究しました。彼らが研究したものとは、とてもスマートな薬品検査方法です。

彼らは薬に反応するマニキュアを開発したのです。そのマニキュアを爪に塗るだけで、女性がデートレイプから自分の身を守ることができるのです。

日本の性的暴行の実態

海外の話ではありますが、決して日本にとって他人事とは言えないお話です。ウートピ世論調査によれば、2,800人に過去に性的暴行を受けたことがあるかアンケートを取ったところ、実に3割の人があると答えたのです。

また内閣府の調査によれば、性的暴行の被害に遭った人の59.8%が「心身に不調をきたした」「異性と会うのが怖くなった」「自分が価値のない存在になったと感じた」などといったことから「生活に変化が及んだ」と解答しているそうです。そんな性的暴行ですが、加害者が親族や友人など身近な人である場合も少なくないため、被害届が出されるのは実際に起きた被害のごく一部でしかないという現実もあると言われます。

今回ご紹介するノースカロライナ大学で研究されたものであっても、全ての性的暴行の被害を防げるわけではありません。しかし少しでもその可能性を上げるためにも、次のページでぜひその詳しい内容をご覧ください。





コメントを残す