動悸の原因はストレス?実は20代の動悸がヤバい!?対処の方法はこちら…!

 動悸を感じると、とても気持ちが悪いものです。動悸は、ストレスなどから身体が出す危険信号で病気の可能性もあります。今回は、動悸の原因などについてご紹介いたします。

動悸とは

 動悸とは突然心臓の動きが速くなり、大きな拍動が起こり脈拍が乱れたりすることです。そして狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤など心臓病の初期症状でもあります。

 普段から自分の脈拍数を把握しておくことが重要なことになります。正常な脈拍は、1分で60〜100回が正常な脈拍数、101回以上は頻脈、60回未満が徐脈とされます。

動悸の原因

 動悸には、一時的な動悸と断続的に続く動悸の2種類があります。一時的な動悸は、緊張したり不安を感じた際の生理現象の一環です。

 この一時的な動悸の原因としては、睡眠不足からストレスホルモンが増加した結果起こることもあります。注意が必要なのが断続的に続く動悸で、病気の可能性が高いので病院で診察を受けましょう。

ところで動悸と言えば、どちらかと言うと高齢者がかかる症状だと言うイメージがありませんか?ですが20代と若い方でも動悸に苦しむことはあるのです。20代の動悸で考えられる原因を、次のページで詳しくご紹介いたします。




コメントを残す