鉄分不足によって起こる症状、女性と男性別まとめ!改善するのにおすすめな食べ物は・・・

男性の鉄分不足

 貧血、鉄分不足などは女性特有の症状であると思いこんでいませんか?実は、男性も貧血を起こすのです。男性の貧血の場合は、重大な病気が隠れていることもあるので要注意です。

 体内で鉄分が不足するとヘモグロビンの合成が上手くいかなくなり、赤血球中のヘモグロビンが減り赤血球そのものが小さくなます。その結果、体内の酸素が減り疲れやすくなるなど様々な症状がでます。

 このような症状は、徐々に進行します。からだがだるく息切れがするなどの症状がでれば、一度貧血の検査を受けましょう。

食べ物で改善

 1日の鉄分摂取量の理想は、15〜69歳の女性の場合は10.5ミリグラム、30〜69歳の男性の場合は7.5ミリグラムです。鉄分には動物性の食品に含まれる「ヘム鉄」と、植物性の食品に含まれる「非ヘム鉄」があります。

 ヘム鉄の方が、非ヘム鉄よりも体の吸収率が高いのです。ヘム鉄を多く含んでいるのは、豚肉と鶏肉のレバーであさり、しじみ、かつお、干しエビなどにも含まれています。

 非ヘム鉄は、ほうれん草、きくらげ、納豆、切干し大根、高野豆腐、干ししいたけに含まれています。ただし、鉄剤や鉄分サプリメントを合わせてとることは過剰摂取になるため医師に相談しましょう。ヘム鉄、非ヘム鉄を食品からきっちりと摂るようにしたいですね。




コメントを残す