電池の液漏れが発生したらどうするべき!?寿命を伸ばす方法や捨て方など、電池の扱い方まとめ!

寿命を伸ばす方法

 乾電池は正しく使用し、正しく保管すれば寿命が延びます。アルカリ電池とマンガン電池の併用や、違うメーカーの電池を混ぜて使うと発熱、液漏れ、破裂の原因になります。

 また、古い電池と新しい電池を混ぜると電池全体の力が弱くなったり、使い切ってしまったほうの電池が液漏れする可能性も。乾電池は、同じメーカーの物を一斉に取り換えましょう。しばらく使わない機器は電池を外し、電極にテープを貼り絶縁して保管すると長持ちします。

保管と捨て方

 乾電池は、使うまではパッケージを開けないことが一番です。もし開けてしまったら、乾電池のプラスとマイナスの電極にテープなどの絶縁帯を貼り、高温にならないところで保管します。

 冷蔵庫に入れると結露して悪影響を及ぼすので止めましょう。捨てる時も、電極にテープを貼って絶縁します。使用済み乾電池をそのまま貯めておくと、電極同士が触れた時に通電して高温となり、火災の原因にもなりますから注意してください。




コメントを残す