過食症になってしまった時の治し方!食事を改善するのが一番の治療だった!!

過食症ってどんな症状?

「過食症」という言葉を見聞きしたことがある方は多いでしょう。お悩みの方もいるかと思います。

過食症とは摂食障害の一つで、食べたい気持ちをコントロールできずに短時間で大量の食べ物を詰め込み、食べる行為を抑えきれない状態を指します。

「神経性大食症」ともいわれ、満腹という感覚だけでは食欲が抑えきれず、異常なほど食べ物をひたすら食べてしまいます。

過食症と診断する主な基準としては、次のような症状があります。

1.2時間ほどの短期間で、異常な量の食べ物を一気に食べてしまう

2.食べることを自力でコントロールできなくなる

3.体重の増加が気になって、下剤を使用したり、嘔吐や絶食、過激な運動などを繰り返してしまう

4.体型や体重への影響に対して、自分なりの判断で異常なほど過敏になってしまう

体型や体重を気にするあまり、過食だけでなく、過食と拒食を繰り返すケースも数多く見られます。

その原因はストレスなど様々

過食症になる原因としては、対人関係などのストレスによる場合がありますが、それだけではありません。ここでは、その原因となるいくつかの例をご紹介します。

対人関係や仕事でのストレス

学校や職場、恋愛などでの人間関係をはじめ、仕事上でのストレスが原因となる場合があります。嫌なことを我慢し続けて、それがたまりにたまって過食という行動を起こしてしまいます。

社会不安障害によるもの

まわりの人に自分がどう思われているか不安になり、過食症になることがあります。過剰な食事をやめられず体重が増加している場合などには、社会に出たくないという心理が働き、過食行動を起こしてしまいます。

過去のつらい体験によるもの

幼い頃のつらい体験や忘れたい記憶、傷ついた体験が原因となるケースがあります。

うつ病によるもの

イライラや落ち着かない気持ち、感情をコントロールできないことを過食で紛らわせたり、甘いものを発作的に食べてしまうことがありますが、その影にはうつ病が隠れていることがあります。

このように様々な原因により過食症は起こりますが、その根底にあるのは、食べることで「心を満たしたい・癒やされたい」という気持ちです。

それでは、この過食症にどう対処したらいいのでしょうか。

気になる治療法は、次のページでご紹介します。





コメントを残す