チャーハンをパラパラにする方法とコツはこちら!鍵はマヨネーズにあり!?

家庭のチャーハンは美味しくない?

 誰もが好きなチャーハン。しかし、「家庭で作るチャーハンはイマイチ…」そんな方は多いと思います。中華料理店のチャーハンと何が違うかと言うと、それは“パラパラ感”ではないでしょうか?

 美味しいチャーハンの定義は、ズバリ“パラパラ”です。中華料理店のチャーハンは米同士がくっついておらず、パラパラで美味しいですよね。そして、もう一つは“モチモチ”です。

 お米が適度な水分を保って、パサついていないのが美味しいチャーハンです。そもそも中華料理は強火で美味しくなる料理なのですが、中華料理店と家庭のコンロでは火力が全然違います。

 火力の弱い家庭では、長時間炒めることになってしまいます。するとその結果、水分が逃げてパサパサになってしまうのです。

パラパラにする定番は卵

 では、パラパラかつモチモチのチャーハンを家庭で作るにはどうすれば良いのでしょうか?パラパラにするためのキーワードは、“コーティング”です。

 お米をひと粒ひと粒コーティングすることでお米同士がくっつかず、パラパラに仕上げることができるのです。そこで登場するのが卵です。

 炒める前にあらかじめ卵をごはんに絡め、卵かけ状態にして一気に炒めます。この方法でチャーハンを作っているという人も多いのではないでしょうか。

 しかし、卵以外にお米をコーティングするのに最適なアイテムがあります。気になる方は次のページをご覧ください。




コメントを残す