足湯の効果的なやり方とは?時間など、正しい方法があるってご存知!?さらに自宅でもできる足湯の方法がこちら・・・

足湯の効果

 足をお湯に浸けるだけの足湯は、温泉地などで良く見かけますよね。足がポカポカになって気持ち良いですが、、足湯の効果はそれだけではないのです。

 健康にも美容にも驚きの効果があるのです。それもそのはず、足は「第二の心臓」と言われるほど重要な部分。身体の神経がたくさん集まっているので、温めると様々な効果が得られます。

 例えば、足を細くすることも可能です。足を太く見せる、大きな原因はむくみです。足は心臓から離れている分、余分な水分や老廃物がどうしても貯まりやすくなります。

 足湯は血行を促進して、老廃物を排出しむくみを改善することができるのです。マッサージを合わせることで、多くの方が悩んでいるセルライトも解消できてしまいます。

足湯、入っているべき時間

 冷え症にも足湯は有効です。実は、体の冷えには下半身を温めるのが効果的なのです。というのも、足には内臓に関連するツボがたくさんあるからです。つまり足を温めると内臓も温かくなり、体全体がポカポカになるのです。

 子宮も温かくなるので、生理痛の改善も期待できます。リラックス効果も見逃せません。リラックスは、質の良い睡眠が得られます。22時~2時はゴールデンタイムと言われています。この時間に深く眠ると成長ホルモンが多く分泌され、美肌やアンチエイジングに効果絶大です。

 半身浴は美容にも効果的と言われていますが、時間も手間もかかるのが玉にきずです。その点、足湯は洗面器一杯程度のお湯を準備するだけですし、時間も20分程度でとても“楽”なのです。

 服も脱がなくても良いですし、“楽”は長続きさせる最大のポイントです。効果もメリットもふんだんの足湯。より効果的な方法や、自宅でやる方法を次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す