カフェインの取りすぎが引き起こす恐ろしい副作用とは!?特に妊婦は要注意・・・

 コーヒーに含まれるカフェインは眠気覚ましや気分転換に効果的ですが、カフェインの取り過ぎは恐ろしい副作用を引き起こす危険があることをご存知ですか?コーヒー好きな方は特に要注意です。

1日の摂取量

 カフェインの興奮作用により、中枢神経や胃などの消化器を刺激するため、眠気覚ましや食後に飲むコーヒーは効果的。また、カフェインは髪や肌のつやを与えるエストロゲンを増長させる効果もあるので、美肌にも良いとされています。

 しかし1日に400mg超えるカフェインを摂取すると、様々な副作用が現れる危険があるそうです。コーヒー1杯に含まれるカフェインは約120mgなので、1日3~4杯が限度ですね。

 カフェインの1日あたりの適切な摂取量がわかったところで、カフェインの過剰摂取による怖い副作用を紹介していきます。詳細は次のページをご覧ください。





コメントを残す