自宅で簡単にできる痔の治療7選!お尻がかゆくなったらキッチンに直行せよ!?

痔の原因

 痔の治療法についてご紹介する前に、まずはそもそもなぜ痔ができるのか、その原因についてご説明します。痔ができる原因は、肛門に負担がかかることによって肛門にある組織が傷つき、うっ血して血行障害が起こることです。

 特に便秘気味な人の場合、排便時に乾燥した便を強くいきんで体外に排出しようとするので負担がかかりやすく、便秘気味出ない時に比べて組織を傷つけやすくなるのでより痔になりやすいです。他にもゴルフなど、力を入れていきみやすいスポーツをやっていたり、長時間座っていることなども痔の原因となります。

痔が進むと脱肛に

 脱肛について説明するにあたって、痔には次の3種類あるということも説明していきます。

1、いぼ痔

 いぼ痔とは、うっ血した部分が腫れてできた痔のことです。肛門の奥にできる内痔核と外側にできる外痔核の2種類あります。内痔核の場合、軽い時はそれほど痛みを感じることもありませんが、症状が進むと肛門の外にまで出てきてしまい、痛みを感じるようになります。

 この肛門の外まで出た状態を脱肛といいます。外痔核の場合、あまり血はでませんが、ひどい痛みを感じます。

2、きれ痔

 きれ痔は、肛門の外壁が傷つけられた状態の痔のことをいいます。

3、じろう

 肛門内部の肛門腺に細菌が入り、膿んでしまい中に膿が溜まることが原因で起こる痔のことです。さて、次のページでは痔で困っている人に向けた、痔の治療費と自宅で出来る治療法をご紹介していきます。ぜひご覧ください。




コメントを残す