速攻であくびを止める5つの方法をご紹介!原因を知って対策しよう!!

あくびが出そう、だけどここであくびをしたら絶対しかられる!

現代人は多忙です。仕事づきあいやプライベートや趣味などで、ついつい夜更かししがちです。

夜更かしした翌日は、仕事場や教室で「あくび」が出ちゃうんですよね。

あくびは、もっとしっかり目を覚ませ、酸素をよこせ!という脳からの司令ですので特に問題ない場面であれば自由にしてください。そのほうがしゃっきりして仕事や授業に集中できます。

ですが、周囲の目から「たるんでる!」とマイナス評価をくだされそうな場面ではなんとか我慢しなければなりません。そんな時に使える速攻であくびを止める方法を5つご紹介いたしましょう。

速攻であくびを止める5つの方法はこれです!

リストした5つが速攻であくびを止められる方法です。順に簡単に説明しますね。

・下唇をぎゅっと噛む!

・歯をぎーっと噛み合わせる!

・両手の小指の爪をギュッとつまむ!

・鼻からゆっくりゆっくり息を吸う!

・舌を口から出して上にぎゅーっと伸ばす!

まず舌唇をぎゅっと噛むのはすぐにできるのでお薦めの方法です。あくびをしそうになった口の動きを封じながら眠気を覚ますことができます。

同様に上の歯と下の歯を意識して強く噛み合わせる方法も即座にあくびをとめて脳が活性化させることができます。

唇の表情を変えるのがはばかられる場合は、両手の小指の爪をギュッとつまむのも即効性があります。小指の爪の外側のしょうたく(小沢)というツボが眠気覚ましに効果があることが知られています。

あくびが出る動作をとりあえずとめることができたら、次は、酸素不足の脳に酸素が送り込まれるように鼻からゆっくりゆっくり空気を吸い込みましょう。鼻から意識して吸い込むことで浅く呼吸するよりも素早く脳の酸素不足解消をすることができます。

最後に舌を口から出して上にぎゅーっと伸ばす方法でも眠気はとびますが、いわゆる変顔ですから、あくびをするよりも目立ってしまいますので使う場面は気をつけてください。

まとめ

以上、速攻であくびを止める方法のご紹介でした。今度あくびが出そうになったら思い出して試してくださいね。




コメントを残す