靴紐がほどけない結び方とは??スニーカーも革靴も簡単にできる、長距離ランナーも活用する最新方法がコレだ!!

家を出る前に靴紐をしっかり固く結んだつもりでも、気がつくといつもほどけていることがありませんか?

それが雨の日だったり人混みの中だったら結び直すのに尚更ストレスを感じてしまいますよね。

今回は、そんな靴紐のストレスから解放される、ほどけにくい靴ひもの結び方をご紹介したいと思います!

ミズノ流

メディアでも取り上げられていたスポーツメーカーのミズノがお勧めする靴ひもの結び方をご紹介します。

①まずは普段通りに靴ひもを結ぶようにします。

②蝶々結びの最初の輪っかを作るところからがポイントになってきます。

③まずは赤い紐を輪っかにして蝶々結びを途中までします。

④青い紐は途中で作った方の輪っかの中へ通し、この青い紐をさらに上記の図の赤いところにくぐらせます。

⑤このまま引っ張れば完成です。

出来上がりは結び目が2つあるような状態になります。

スポーツ選手も使うほど靴紐がほどけないこの結び方!

一度覚えてしまえばすぐに結べて全く難しくないので、ぜひ覚えて使ってみてください!

イアンノット

「イアンノット」という結び方をマスターしてみましょう。

プロスポーツ選手の中でも、この結び方で靴紐を結んでいる人が多いそう。

その理由は、短時間で結べるのに、非常に解けにくく、長蝶結びと見た目が変わらないからなのだとか。

慣れると普通に結ぶよりも早く結べることも嬉しいポイントのひとつ。

最強の結び方とも言われる「イアンノット」の結び方を紹介しましょう。

まずは「イアンノット」の結び方を紹介していきましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単に結ぶことができますよ。

(1)

ここは蝶々結びと一緒ですね。

普通に一回結んで、図のような形で、指に靴紐をかけましょう。

(2)

左右で輪を作っていきます。

最初の結び目で、下から出てきている紐は人差し指にかけて手前側に、上から出てきている紐は親指にかけて奥側に垂らしましょう。

(3)

人差し指にかけている方の紐を親指にかけてできた輪を、もう片方の輪に通します。

(4)

反対側の輪も同じように通していきましょう。

ここまでくれば後は結んでいくだけですよ。

あと少し、頑張りましょう。

(5)

今まで持っていた紐から、通した反対側の紐へと持ち替えます。

(6)

持ち替えた紐を、引っ張って結ぶと、完成です。

文章で見ると、とても難しく感じてしまうと思いますので、動画を見ながら、一緒にやってみるのもいいかもしれませんね。

結び方を丁寧に実演してくれているので、大変分かりやすいですよ。

イアンノットは2秒で結ぶことができるのだとか。

そんなに短い時間で結べて解けないのなら、普段している結び方より楽に結べると思いませんか。

いかがでしたか。

あっという間の早業でしたね。

同じように結ぶには慣れも必要かもしれませんが、解けない結び方ですから、すぐに解けてストレスになることは少ないでしょう。

あなたもイアンノットをマスターしてみませんか。

他のほどけない結び方については次ページから!!





コメントを残す