ゆで卵のからむきの簡単な方法をご紹介!きれいに剥けるコツ6選!!

世界の中心でゆで卵をきれいにむきたい!

【元ネタ上から1番目の画像】

ゆで卵は、ご家庭の食卓にかかせないアイテムの1つですが、ゆでたあとに上手にカラが剥けずに困っている人はいまだに結構多いように思われます。

バラエティ番組で確かにゆで卵をきれいにむくコツを見てへぇーと思った記憶はあるんだけれど、いざ自分でゆで卵をつくってむこうとして、さてどうやるんだったかな?

結局、時間に追われていつも通り力任せにむいて、つるつるでないゆで卵で我慢することになる。

そんな方にむけて今一度、ゆで卵をきれいにむくおすすめのコツを厳選してご説明いたしましょう。

その前に、まず基本のゆで卵の作り方をおさらい

そうです。むき方だけ覚えても、ゆで卵の茹で方が悪いときれいにはむけません。

念のため、まず茹で方からおさらいして参りましょう。

ゆで卵の茹で方の基本

1. 水から茹でる

2. 水は卵がちょうど隠れるぐらい入れる

3.塩をひとつまみいれる

4.茹でて卵の表面に泡がでてきたら菜箸でやさしく転がす

5.沸騰したら弱火にして1分ぐらいしたら転がすのもやめて

6.5分で半熟卵、12分で固茹で卵

塩を入れるのはカラが破れても白身が外に出ないようにするため、転がすのは黄身が真ん中に収まるようにするためです。

ゆで時間が適当だったり、水の分量が少なすぎ、多すぎ、またお湯に卵投入するなど、結構基本から外れている人は多いはずです。

気になるきれいにむくコツは次のページからご覧ください!!





コメントを残す