喉が痛い原因って実は色々あった!?考えられる病気も医師が併せて解説!

喉が痛い原因は炎症?

誰でも一度は経験したことがあるであろう「喉が痛い」という症状。

軽い痛みならまだいいですが、酷くなると食べ物や飲み物を飲み込むだけでも痛かったりしてすごく辛いですよね。

私たちを苦しめる喉の痛みですが、その主な原因となっているのは炎症です。

炎症とは体の防御反応のこと。

体内にウィルスや細菌が入り込むと、それらを追い出したり攻撃するために体が働き、結果的に炎症が起きます。

炎症が起きている部分は熱をもったり腫れたりするので、痛みが出るんですね。

もちろん喉に炎症が発生すれば、喉が痛くなります。

つまりウィルスや細菌に感染すると炎症が起こるので、それが喉の痛みの原因になるわけです。

ウィルスは体が弱って免疫力が低下していると感染しやすくなります。

疲れているときなどは、ウィルス感染、炎症へ特に注意が必要です。

喉に痛みがある場合は、病気にかかっている可能性が高いです。

痛みを抑えたり対策するためには、どんな病気が原因なのか知っておくといいでしょう。

喉が痛い原因として考えられる病気はいくつかありますので、次のページでチェックしてみてください!





コメントを残す