吃音を自力で治す10の方法!子供が吃音だと病院に連れて行くと・・・

吃音(どもり)の原因

 自身の吃音を治したい方、お子様や身近な方の吃音に悩んでいる方の中には、吃音に誤解を抱いている方がいらっしゃいます。吃音には複数の原因が存在し、人により原因や発症のタイミングは異なります。

 吃音の原因は諸々ありますが、決定的な原因は1つではないのです。一般的に言われる吃音の原因は脳の癖、脳の反応、灰白質密度の減少、ドーパミンなどの異常、遺伝性の5つがあげられます。これにストレスが加わると症状が悪化してしまいます。

子供の吃音

 成長期の子供の吃音に悩む親御さんがしがちなのが、訓練をすれば症状が改善されるという思い込みです。6歳になる息子さんの吃音に悩んでいる女性は、これまで無理やりどもりを矯正していました

 しかし逆に悪化してしまい、急いで小児科へ連れて行きました。そこで、初めてどもりは脳と関係があることを知らされます。息子さんの症状はひどく、病院で治療しても7割ほどしか改善さない事実を突きつけられます。

 その原因が、母親である女性や家族の強引な教育の仕方や、ストレスの多い環境によるものだと教えられました。女性は、息子さんに厳しく接してきたと反省しました。

 幼児吃音は親が訓練させてしまうことにより症状が悪化してしまうケースは多いのだそう。そんな吃音を自力で治す方法を、次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す